マタニティフォトで気になる細かいポイント

マタニティフォトで気になる細かいポイント

・マタニティフォトはいつ撮影したら良いのでしょうか?
よく言われるのは、妊娠7ヶ月から10ヶ月ぐらいの妊婦さんの
身体のラインがハッキリとしている時期がお薦めだと言われています。
あまりに臨月が近いと撮影中のトラブルも考えられますので、
7ヶ月ぐらいで体調が安定してきたら撮影日程を調整するほうが良いでしょう。
特に人気のある写真スタジオは希望日が予約で埋まっていることも考えられます。
予想外に日程がずれてしまうこともありますので、
安定期に入ったら予約を入れてしまったほうが安心だと思います。

 

 

・撮影当日の体調管理が不安
マタニティフォトの撮影ですので、
撮影当日になってモデルさんの体調が悪くなることはよくあるトラブルです。
スタジオの中には、
体調悪化による撮影キャンセルや延期は無料で対応しているところも多いので安心です。
女性スタッフが多いスタジオでは、
体調管理にも気を遣ってくれますので、
長時間の撮影を強いられることもなく、
妊婦さんの様子を見ながら撮影を行ってくれるでしょう。

 

 

・渡される撮影カット数は確認したい。
プロのカメラマンですので、撮影枚数は数百になることも普通です。
しかし、撮影後に渡されるカットは1カットであったり、
枚数加算がとても高額であったりするスタジオも中にはあります。
一方で、撮影したカットの全てをCDロムに焼いて渡してくれるスタジオもあります。
日にちをおいて確認してみると、
別の写真のほうが良く見えたりすることは珍しいことではありません。
写真をじっくりと見直すためには、
出来れば全カット欲しいところですね。
 


このページの先頭へ戻る